読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かすてらすねお。(hateblo)

見聞録的ななにか。

2人カタンとその戦略

カタンの開拓者たち」とは

ドイツで1995年に生まれたボードゲーム。通常は3~4人でプレイしますが、2人で遊ぶ特別ルールが存在します。

あなたはカタン島の開拓者です。あなたは誰よりも早く10点の勝利ポイントを獲得し、勝利することが目的です。

詳細は以下。

遊び方&用語集 «カタンの開拓者たち(Die Siedler von CATAN) 日本語版公式ページ

2人カタンの追加ルール

本記事で紹介する追加ルールです。しかし、標準にあたる2人カタンのルールが不明なので、これから紹介するのは「ローカルルールの一例」と捉えてください。

砂漠とNPC

砂漠は中央に配置されます。これは後述する金貨システムに関係します。

次のプロセスは、人間プレイヤーが初期配置を決定する前に処理されます。

砂漠を中心とした両側に伸びる辺の先の頂点に、NPCの開拓地と街道を設置します。

f:id:suneo3476z_tn:20150612231453p:plain

上図では、青と橙のNPCを例として、3通りの選択肢があることを示しています。

選択肢の選択方法に関する明確なルールは存じ上げませんが、人間プレイヤーの両者が合意に至れば結構だと思います。

NPCは資源を獲得しませんし、勝利ポイントも得ません。

人間プレイヤーが街道・開拓地・都市の建設を行うと、同じ建設物が建設可能な場合を条件として、NPCどちらか一方の対応する街道・開拓地・都市の建設が可能です。

金貨

金貨は基本セットには無いので、クリップでも一円玉でも将棋の駒で代替するのが通常です。

各プレイヤーは初期段階に5枚の金貨を所持します。

金貨は支払うことで強力な能力を行使できます。

よって、金貨を支払うor獲得する額は両者の勝利点によって変化します。

  • お互いの勝利点が等しいとき、支払うor獲得する額は1。
  • 一方が相手より勝利点が少ないとき、支払うor獲得する額は1。
  • 一方が相手より勝利点が多いとき、支払うor獲得する額は2。

金貨を支払うことで、以下の2択から効果を選択できます。一度金貨の支払いを宣言した場合キャンセルできません。

  • 相手手札のうち2枚の内容を言い当てれば、強制的に2枚ずつ資源交換できる。
  • 盗賊を砂漠に移動する。これはサイコロを振る前にプレイング可能である。

(このうち前者は別のローカルルールが存在し、「ランダムに2枚同士で資源交換する」「相手手札のすべて内容を言い当てれば、すべて自分の手札に加えられる」などがあります。)

金貨を獲得するには、以下の2つの方法があります。

  • 砂漠および海岸に接する土地の頂点に、開拓地および都市の建設を行う。

f:id:suneo3476z_tn:20150612225221p:plain

上図のように、37箇所の頂点がこれに該当し、理論上では最大18箇所に設置のチャンスがあります。

  • 使用済みのチャンスカード(発展カード)「Ritter(騎士)」を1枚支払う。

戦略

カタンでは、コストを下げて行動の制約を排除することが、少なくとも不利に立たされないための戦略として重要なポイントのひとつとして考えられます。

不利な状況とは、本来獲得できるはずの資源が盗賊によって獲得できなかったり、次ターンで使用予定だったカードが意図せず消滅したりといった悲劇です。

これを回避するためのいくつかの戦術として、盗賊とチャンスカードについて検討します。これは基本ルールでの戦術を踏襲した上で、2人カタンの新システムがどのように機能するのかについて指針を与えるものです。また、NPCについても軽くふれます。カード記憶術のおまけもあります。

盗賊

結論から言うと、自分に関係する唯一かつ貴重な土地資源が盗賊に占領された場合、金貨を支払ってこれを排除します。

金貨はサイコロの出目「7」やチャンカ「Ritter」よりもスピーディに盗賊を排除できる優良な手段です。

「7」や「Ritter」に頼ることの愚かさについて、以下に述べます。

出目「7」は1/6の確率で出ますので、3~4人プレイならば2ターン中に移動する可能性がありますが、2人カタンでは平均的に3ターン待つ必要があります。

チャンカ「Ritter」は、初期配置によって「羊」「麦」「石」が得るか、あるいは貿易等で交換可能なくらい潤沢な初期配置を掴まなければチャンカそのものが引けませんし、「Ritter」はチャンカ全25枚中14枚存在するので2枚以上引かなければ「Ritter」が引けない可能性もあります。1ターンに1枚チャンカを引くと、「Ritter」を引くためにはこれも平均的に3ターンかかります。

サイコロの出目「8」・「6」を1枚引くには、7回サイコロを振らねばなりませんし、もっと出目の確率の低いものはそれ以上になるでしょう。

もし、盗賊に占領された土地資源が唯一関係し、建設など重要なアクションに関わる場合は、迷わずサイコロを振る前に金貨を支払い、3ターンを待たずして盗賊を排除しましょう。

チャンスカード

盗賊の節で示した金貨戦術には弱点が存在します。相手がチャンカを生みやすい土地資源を支配する場合、いくら金貨を支払っても何度も盗賊を再設置されてしまい、ついにはLargest Army(最大騎士力)で2勝利ポイントを稼がれてしまいます。

こちらがチャンカ土地資源を支配しない場合、別の方法でチャンカを引かざるを得ません。その場合、次の選択肢が上から優先的に取られるでしょう。結論から言えば、初期配置で資源が潤沢な複数の土地資源を抑え、一致する資源港と共に初期配置で抑えてしまいます。

  • 港貿易(資源港貿易>3・1港貿易)
  • 金貨(2枚言い当て強制交換)
  • 交渉

資源はなるべく潤沢でないと港が機能しないので、例えば「6」・「11」・「2」のような組合せはその資源の港活用を諦めてください。「4」~「6」、「8」~「10」が複数個ある素材を抑えれば、片方を盗賊で抑えられてもそんなに怖くありません。そして、2人カタンをやる上では金貨を獲得できるメリットがあります。この金貨を強制交換の材料にしてもよいでしょう。

資源港を3・1港よりも推奨する理由は、単純にバーストの危険が低いからです。

交渉をあえて挙げましたが、2カタンにおいては交渉は全く成り立ちません。理由は、お互いがお互いに金貨の強制交換を発動する上で有利な情報を与えてしまうからです。フェイクの交渉を持ち出して動揺させる上級者プレイも可能でしょう。

最後にこの戦術の注意ですが、あくまで相手と同程度のチャンカの引きを得るための戦術です。もし、安定した「羊」・「麦」・「石」の確保が可能なら、余力は「木」・「土」に回すなり、「麦」・「石」に重点を置いてコロニー化を狙うなりしましょう。チャンカがカタンのすべてではないのですから。

NPC

驚くかもしれませんが、基本的には相手を妨害しないのがベターです。妨害を行うの相手のLongest Load(最長路街道)を阻むときや、残り1点を争う時くらいだと考えてください。

カタン島の資源は出来る限り人間プレイヤーに活用されるべきです。NPCを利用した妨害は、カタン島の資源の獲得機会を失うことと同義です。前節の最後にも述べましたが、妨害することもまたカタンのすべてではありません。あなたが真っ先に開拓できる状況にあるかどうかを考えましょう。

カード記憶術

2人カタンでは、金貨システム故に言わずもがなカード記憶能力が問われます。みんな自分なりの記憶の仕方があるんだと思うけど明文化すると怒られそうだなぁとも思うので、思わせぶりな図だけ置いておくことにします。

f:id:suneo3476z_tn:20150613021826p:plain

まとめ

カタンそれ自体は勝利することが目標ですが、プレイ中のやり取りや感想戦を通じたコミュニケーションを楽しむこともできます。しかし、時間に余裕があってカタンがわかる人を4人集めるのはなかなか大変です。そこで今回紹介した2人カタンは、ローカルルールを変えながらカタンの楽しさを手軽に共有できる良い手段だと思います。本記事を参考に、カタンを楽しむプレイヤーが増えることを願います。